« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月28日 (火)

妹よ

私の年の離れた妹は中学の体育の先生。
来月より新たな中学へ移ることに。
今度は、初めて知的障害者の特別学級で
教えることになる・・・と聞いた。

まだ20代の彼女にとって
本当に大変なそして貴重な経験となるだろうな・・・。
教師といっても、彼女のほうが多くのことを学ぶ場と
なること間違いない。
でも頑張ってほしいぞ。姉としては。

私が初めて接した障害者の子は幼稚園の時で
同じモモ組だったタロウ君(仮名)。
そこ子は知的障害ではなく重度の小児麻痺だったんだけど。

出来たばかりの公立の幼稚園で私たちは一期生。
そこへ入学してきたタロウ君は
体のバランスが取れず、動くと左右に大きく揺れて
一人で歩くこともままならない程だった。

これは大きくなってから「母和子」から聞いた話だけど
入学して少し経った時、他の園児の母親達から

「あんなひどい障害の子と一緒に
うちの子供を遊ばすなんてあぶない」
とか
「養護学校へ移すべき」
など
クラスの先生に抗議に出たらしい。

そのときの担任の先生は、
断固としてその抗議を跳ねのけた。
聞くところによるとタロウ君を受け入れてくれる幼稚園が無く、
沢山の幼稚園から門前払いをされて私の通った幼稚園に来たんだそうだ。

だからタロウ君の母親は
毎朝、タロウ君を幼稚園に送った後
心配で心配で心配で、
家に帰ることが出来ず幼稚園の外からずっとタロウ君を
見続けていたらしい。

またタロウ君が居たことで、他の園児達は
「他の子を同じように体を押したら簡単に倒れてしまう。」
とか
「一緒に手をつないであげなくては歩けない。」
と思うように、
タロウ君を助ける心を通じて他の人に対しても
優しくしようという思いやりが育っていたらしい。

「一年後、見ていてください。必ず想像以上の素晴らしい
モモ組になっている!」

と先生は母親達に言い切った。

それからどうしたか・・・私の幼稚園の思い出では
到底薄れてしまい「こうなりました」と語れない。
(情けない)

だた憶えていることは
朝のマラソン
秋の運動会・遠足
お楽しみ会の劇
全部タロウ君は参加してこと。

他の子と同じようにみんなが大事な
友達となっていたこと。

そして卒園式。
タロウ君は、誰の手も借りず
一人で、しっかりと、歩けるようになるほど
体のバランスが良くなっていたこと・・・

それには担任の先生がどんなに園児達全員に
心を配っていたことか。それはもう計り知れないよ。

タロウ君と共にその先生は私の大切な
思い出となっている。

・・・私の妹はそのときの先生と同じぐらいの年齢かな。
どんなことが待っているか分からないけど
私のこの思い出のようにいつまでも教え子の心に残る
先生になってほしいと願ってやまないっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

重い腰をあげて

今週からプールに行くことにした。まだ、2回目だが。
ひどい肩こりと運動のために
「午後から仕事の日もあることだし・・・」
と思い、午前中をプールタイムに決定。

近くの市営プールだけど結構キレイで。
平日の午前中は、空いるうえご老人ばかりだから
自分の太った水着姿も気にならず♪

最後のチャンス(ダイエット)と思い本気で頑張るぞい!

そこの市営プールは、
・流れるプール
・子供用プール
・25mプール
とあり
子供から大人まで楽しめるうえ2時間270円。
やすー。

なので以前、母と4歳の姪っ子を連れて
泳がしたりした。

子供用プールには
「ぞうさんのすべり台」があり、その名のとおり、
ぞうさんの鼻のところが滑り台になっている。

姪っ子が
「一人じゃ怖くて、しゅべれない~」
などと言うから
「じゃ秘書ちゃんが後ろから一緒にしゅべるよ~」
(バカ)
と得意になって滑り台にのぼり
姪っ子を前に抱え、おし、すべるぞ!!ってときに

「ピピピピピピーーーー!」

と、けたたましい笛の音と共に
プールの監視員のにーちゃんがダッシュしてきて
「その滑り台、大人の方はご遠慮くださーい!!」
とでっかい声で注意された。

「はわわっ、わかりました~」とあわてて
姪っ子を母に預けた後私も急いで降りようとした。
・・・でも降りれなかった。

その、
ぞうさんの滑り台に、
お尻がすっぽりと、
ハマっちゃったから。

結構抜けなくて。あせると尚更抜けなくて。

そんな事情とは気づかない監視員のニーちゃんが
「ちょっとすいませんけど~、
大人はご遠慮してくださいって~」
とか
「早く降りていただけませんかあ~」など
メガホンで言うのには、本っっ当に参った・・・

「だから抜けないんだっつーの!!」

と何度も心で逆ギレ。おかげで抜けたが。はあ・・・。

しかしだ。
娘が困っているんだ。

孫連れて遠ーいところで離れて見てるな!
母和子よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 2日 (木)

教えて下さい

JR目黒駅のホームで待ち合わせ。
【目黒ホームの左端が恵比寿駅方面、右端が五反田駅方面】
だとします。

待ち合わせ相手が
「目黒駅で待ち合わせしよう。
渋谷方面、一番後ろ側の山手線ホームで待っていて」
と言いました。

私はホーム右端五反田方面で待っていたら
相手は、ホーム左端で待っていた。ものすごーく怒られた。

私、間違っている?

「渋谷方面」って言うから恵比寿側向かってってことでしょ。
「一番後ろ」っていうから五反田側ってことじゃないの?

あれ違うのかな。

そして、相手の言い分が
「LARK子は池袋から山手線に乗ってくるから

~池袋⇒<省略>⇒新宿⇒<省略>⇒渋谷⇒恵比寿⇒目黒~

ってくるんだから、池袋から山手線に乗るところで
「渋谷方面一番後ろ」に乗らなきゃならない。」
と言った。
結果、目黒駅では左端恵比寿方面ということになる。

・・・はあ?!
池袋から山手線に乗るところで「渋谷方面一番後ろ」に
乗らなきゃならないだあ?!

と、ちょっと「まちゃまちゃ」っぽく更に困惑。

最初の
「目黒駅で待ち合わせしよう。
渋谷方面、一番後ろ側のホームで待っていて」
の説明って、そのような解釈なのか。

その後、相手とは血を見る戦いに。
最後までどちらもゆずらず。

誰か教えて下さい。
現代の待ち合わせ場所の確認方法を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »