« 言わんでもいいこと | トップページ | 黒への道① の訂正 »

2007年6月22日 (金)

黒への道①

朝目覚めて、鼻からもれる息が
うっすらアルコール臭い・・・
そんな日を今日で3日間、連チャンで迎えている
LARK子でやんす。

で、そんな日は午前中は自宅で仕事。

平日の日中家に居ると暑いんで
窓を開ける。
窓を開けると目の前の小学校から
元気な子供達の声が聞こえてくる。

この聞こえっぷりからして授業はプールだね。

先生の規則正しい笛の音の後に
「いーち、にー、さーん、 ごー、ろーく、しーち」
と元気な声。

(あー準備運動かぴら。)

と思う。

「ピッ!・・・ ピッ・・・ !ピッ!・・・」
と聞こえると

(飛び込みでもしているのかぴら)
と思う。

「きゃー!%□$&sかoseawea!!!」(意味不明の叫び)
と聞こえると

(自由時間だね・・・。これが一番楽しいんだよ)
と思う。


そんな小学校の様子に心を奪われ気がつけば14時。
やばい。行かなくちゃ仕事。


その前に。

私が通っていた小学校の
プールの思い出を。


その小学校、泳げる距離によって色が決まっており
その色の生地をスクール水着に縫い付けなくては
行けなかった。
まあ、大きさとして縦3㎝横5㎝ってとこか。

色の種類は

・白 ・・・水に顔をつけることすらできない。
・赤 ・・・浮く事のみ辛うじてできる。
・黄 ・・・5m程度泳げる。
・水 ・・・13m泳げる。(25mプールの横の長さ)
・緑 ・・・25m泳げる。
・黒 ・・・50m泳げる。


水着を着ればひと目で、泳げるヤツかが分かるのだ。
どんなにカッコいい男子でも、水着に白の生地が
あったりすると、もう興ざめ。
そんな悲劇につながる事もしばしばあった。

たいてい低学年には白・赤が多く3,4年生は黄色水色、
そして高学年には緑が多くなる。


「黒」


この色はあまり居ない。
小学生で50m泳げるというのは
スイミングスクールをバリバリ通っているヤツか
北島康介ぐらいじゃなかろうか。

この色をしかも女子がつけているのは稀であった。


6月になり、プールの授業が始まると
夏休みまでに何度か行われるプール検定
(これで次の色を目指す)が始まる。
緑色を縫い付けている生徒は、栄光の「黒」に向けて
色めき立つ。

しかし、スイミングスクールに通わず独自の練習で
頑張っている生徒にとって「黒」への壁は厚く重い。


私がその生徒の一人であった。


私はスピードは遅いが、2年生の時には緑色を獲得。
(しかし、フォームは見られたもんじゃないよ。
クロールで息継ぎしたら思い切り顔が真上向いちゃってたし。)

でも、学校のルールはフォームじゃない。距離だ。
速さじゃない。距離だ!
50m泳げればいいのだ!

「後わずか」というところで黒を逃した辛い夏を何度か迎え
今年こそ!「黒」を!
と気合を入れた4年生の夏。


母和子の応援も力が入る。(ここで登場母和子)


プール検定で、またもや黒を逃し
がっくりと肩を落として
帰ってくるLARK子に和子は
厳しい叱咤激励をしたことだよ。

だんだん、「黒が欲しい」という気持ちより
母の厳しい叱咤が「もう嫌だ」という気持ちのほうが
上回るほど。


プール検定の実施も残すところ
今年最後の1回。

その前日、LARK子の黒への情熱は
最高潮を迎える。


・・・・

と言ったところで
思いのほか長文となったので、続く。

(つか、仕事へ行かないと・・・)

|

« 言わんでもいいこと | トップページ | 黒への道① の訂正 »

三ツ星日記☆☆☆」カテゴリの記事

コメント

読んでるこっちも最高潮を迎えて・・・。

そっか~、あの泳ぎ・・・なるほど~。
昔からの素質があってのものなのね~。

続編まってるよん。

てゆーか、きっと今日も朝まで飲んでんな。

投稿: まー☆ | 2007年6月23日 (土) 21時50分

ご想像どおり、飲んでいました。
もう若くないのに、こんなに飲んでいて
いいのでしょうか!!

続編お待ちくだされ。

投稿: LARK子 | 2007年6月25日 (月) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143408/6894904

この記事へのトラックバック一覧です: 黒への道①:

« 言わんでもいいこと | トップページ | 黒への道① の訂正 »