« 黒への道 完結 | トップページ | 俺の夏 »

2007年8月 6日 (月)

プロミス

私が今一緒に住んでいるねんごろ相手とは
年が「18歳」離れている。

当然相手の方が年上。

・・・オヤジだよ。オヤジ。

知り合ってから今に至るまで
11年経とうとしている。

当時は彼も40代でバリバリ働いていたもんだから
「ちょっと素敵ー」
なんて思ったもんだが・・・
今や、そんな姿は微塵も無い。

だが、
そんな事ぐらいで私の愛は下がりはしない。

なんてたって私はファザコン♪なんだからさ!

友人達との会話で
「年下いいよー、狙いなさいよー」
と言われれば、
「そーだねー、いいよね年下ー」
なーんて、言っちゃっているが

実は、まるで興味が無い。

きっと、みんなの様に、
そしてキョンキョンの様に
(2007年現在、亀梨くんと同棲中)

魅力的な年下に出会っていないせいもあるかもしれないが。

なぜ自分がファザコンと言えば
きっと、父を早くに亡くなったせいであろう。
私がまだ、ガラスの10代だったもんで

「パパなんて、くさい!汚い!大嫌い!」

という時期を迎える前に逝ってしまったのだ。
(ある意味いい時に逝ったか。あ、うそうそ。ごめんよ父。)

父は、板金加工の職人で、無口。
お酒、弱い。
人付き合い、不得手。
時折、頑なしき時もしばしば。

でも、家族をとても大事にし愛してくれた。

そんな父を私はとても尊敬していたよ。

我慢強くて、仕事中にどんな怪我をしても
滅多に休まなかったな。

そんなんだから
整骨院に行ってもなかなか治らない腰痛が
「癌」
だと思わないんだよ。

気付いたときには、もう・・・ね。

 

忘れられない思い出がある。

よく、他人に顔を叩かれたりすると
「お父さんにも叩かれたこと無かったのに!!」
と言ったりするが

私は叩かれた。一度キリだが。

その原因は、長くなるから割愛するが
ある日母に、ものすごい勢いで怒られた。
当然、私が悪くて。

私は、母の言うことをまるで聞かず、仕舞いには
立ち上がり、母を見下ろして口汚く罵り、
二階の自分の部屋に駆け込もうとした。

その時(歴史が動いた)だ。

黙って聞いていた父が
階段から、私を引きづり降ろし

「バチーン!!」

左頬を叩かれた。

びっくりした。初めてだったから。

父も自分でびっくりしていた。
娘を叩いたことに。

そして一言二言、何か言ったが
私は、軽くパニくっていて憶えていない。
ただ、涙ぽろぽろぽろぽろ流して部屋に駆け込んだ。

次の日。
私の頬は腫れもせず、あざも無かった。
手加減したのか・・・。

そして母から聞いた。
叩いてしまったことに、父はどんなに傷ついていたか。
それでも、今回のことはLARK子には分かってもらいたかったと。

私は母に謝り、言うことを聞くとを約束した。

ま、その約束って
アルバイト代から生活費を入れろ
ってことだったんだけど。

(我が家は年齢関係なく、
【金銭を稼ぐようになったら生活費を入れなくてはならない。】
 という厳しい掟がある)

 

その年の夏に父は倒れ、
一年後にあっけなく逝ってしまった。

私は、父に謝っていないと思う。

そのことをずっと後悔しているから
経済的にありえないくらい辛くなったときも
母に生活費を渡し続けてた。
ま、当然かもしれないけど。

昼も夜も働き、ふらふらになっていたとき
母に、無理をしないでいいと言われた。
その時、私は母に言った。

「家の為だけに働いているんじゃない。
 ・・・約束なんだから」

そう。約束だよ。父との。
最後の約束なんだから。

今私は、実家の家のローンと
いまだ残っている借金を払っている。

つい最近
「なぜ私だけ払っているのさ!」
と、やさぐれていた。

でも思い直した。

幸い、仕事も続けられているし
良いのか悪いのか独身だし。
だから、まだやれる。

8月14日。

父の命日である。
あれから20年。
早いな・・・

今年、もう一度約束をして来よう。

そう思った残業時間であった。

(おい、仕事しろ)

|

« 黒への道 完結 | トップページ | 俺の夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

・・・泣いてしまったよ・・・@37歳。
あなたの当時の苦労は、お父さんとの約束でもあったんだね。
色々な思いを書くと長くなりそうなのでやめる。
でも、昔のひろこを沢山思い出したよ。

お父さんにそっくりな顔なのに、
大酒飲みなとこは似なかったんだね。

お父さんにそkっくりな顔なのに、
無口ってとこも似なかったね。

お父さんの約束を20年も守り続けているあなたは本当に尊敬してしまうわ。
お父さんはきっと幸せね。

そしてこれからは、自分の幸せも大切にしてね。


魅力的な年下・・・
そのフレーズになんだか無性にドキドキして、やばいオレ。

投稿: まー☆ | 2007年8月 7日 (火) 19時35分

LARK子様、偉いね!
ブログを呼んで、ジ~ンと来てしまった。

これから、みんなでもっといっぱい幸せになろうね!

投稿: ゆうくん | 2007年8月 8日 (水) 15時55分

みなさま

久し振りのブログ更新、読んでくださりありがとう!
いつも、見てくれているんだなと思って感激しました。

くだらないネタばかりで恐縮ですが
これからは、も少し頻繁に更新をすることを心がけます。


まー☆さま

あ、泣かせちゃった?なんて罪なオレ。

下戸でもないし、無口でもなし。
そんなところは似なかったですね。

しかし。
・目の下にたまにできる白くて硬い吹き出物
・「華奢」という言葉から程遠い骨太な体
・超優柔不断

は、しっかり受け継いでおりやす。
やはり親子。


ゆうくんさま

>みんなでもっといっぱい幸せになろうね!

ホントだね!みんなで幸せになろう♪

うふふ。
そうゆうふうに言い合える友達が居ることが
一番の幸せなんだ、と思いました♪

投稿: LARK子 | 2007年8月 8日 (水) 21時11分

ほんとそうだね!
しょっちゅう会わなくても、どこかでみんな気に止めていて、何でも話す事が出来る友達・・・最高~だよね!

この先も永遠に!!!

宜しくお願い致します!

投稿: ゆうくん | 2007年8月 9日 (木) 11時52分

ゆうくんちゃま♪

>しょっちゅう会わなくても、どこかでみんな気に止めていて、
>何でも話す事が出来る友達・・・最高~だよね!

ホント最高の友達だよ~!心の友よ~!
まさに、宝物です。一番大事な宝物♪

こちらこそ、これからもよろしくお願い致します!

投稿: LARK子 | 2007年8月 9日 (木) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143408/7440001

この記事へのトラックバック一覧です: プロミス:

« 黒への道 完結 | トップページ | 俺の夏 »