« 俺の夏 | トップページ | ブルー そして ブルー »

2007年8月20日 (月)

とある残業時間の会話

※この話の背景
 私のねんごろ相手は職場の上司でもある。
 今は、プライベート・客先と24時間一緒の生活。
 仕事柄、残業時間が多い。
 LARK子は残業時間によく、やさぐれる習性がある。
 
 今日はねんごろをあえて、上司と呼ぼう。 


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

さっき(20:30頃)、上司から

「客先に7月分の請求書を作るから
 作業一覧作成しなさい。」

言われた。


私は上司が請求書を作成するときに
作業一覧を作成するのが常。
(遅すぎだよ。だらけすぎもいいところだよ。)


私は自分の手帳を見てびっくり。
7月、なーんも書いていない。
(いつもは本日の作業内容として
 手帳に書き込んでいる)

私の記憶を思い返してみても
どんな作業をしたのか

まるで憶えていない・・・

7月って結構忙しかった気がしたが・・・

ホント憶えていない。


やばいんじゃないの。これって。
老化現象始まってるんじゃないの?
こんなんで、プロジェクトを、
ましてや一人でやってていいの?

いやいや、良くないよ。
責任を問われる大きな失敗をする前に
なんとかしなくてはいけない。

意を決して上司に言ったよ。


「もう、仕事を辞めさせて下さい。」


そしたら上司、

「ん?」

と言って
真面目な顔してこう言った。


「お前さんには、まだまだまだまだ

 稼いでもらわにゃ、ならないねえ~」


・・・・なんだい、その言い草は。


長年、岡場所を勤め上げ、
やっとの思いで、「足抜けしたい」と申し出た
年増の遊女に言い放つ、欲深女将のセリフかよ!


ちっくしょー。

情けもへったくれもありゃしないよ。
これが上司の本性だよ!!
みんな、気をつけておくれよ!!

ホント気をつけておくれよー!


なにが言いたいって、ただ今日はもう
仕事したくない(できたらもう一生したくない)
やさぐれた、LARK子だってことさ

|

« 俺の夏 | トップページ | ブルー そして ブルー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143408/7624763

この記事へのトラックバック一覧です: とある残業時間の会話:

« 俺の夏 | トップページ | ブルー そして ブルー »