« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

ある男の悲劇

先日、山手線で


「おにぎりといえば(かもめ食堂日記を思って)
中学の時
「私、 口は小さいけれど中身はでかいの」
と言って持っていたおにぎりを丸ごと一個(結構でかい)
口に入るのを見せてくれた、J子ちゃんって
元気かしらー?」


なんていうことを考えながら
ボーっとしていたら

ある駅で乗ってきた、
4歳ぐらいの、金髪の外人の子(超可愛かった)が
ニコニコうれしそーに
私の向かい側の、空いているシートに
座ろうと向かっていたのが目に入った。


瞬間私は、「あ、違う・・・」と思った。


彼女が「空いている」と思った席は
その席に座ろうとした男が
網棚に荷物を置いている最中だったのだ。


何も気付かず男が、座った。

(僅差で彼女は座れなかった)


その直後、

「NOHHHHHHHHH!!!!!!」

この世の終わりか!ハルマゲドンか!
断末魔か?!
というほどの、叫び声が。

青い目を滂沱の涙で濡らし、
キャンディーキャンディーヘア
(分かる人しか分からない)の金髪を振り乱し、
両の拳を握り締めて、激しく抗議をし始めた。

私は英語がチンプンカンプンなので
ほぼ想像だけど、こんなことを言っていたよ。
たぶん。


金髪娘「その席は、私が座るはずだったのよ!!
    私が座るはずだったの!!
    それを奪ったのは、
    彼よ!!彼よ!!彼なのよ~~~!!」

この、「彼よ!!彼よ!!」と叫ぶたびに
男の鼻先に、マシンガンのように指を指す。

男は、もう目をぱちくりしていたよ。
(そりゃするよ。)

後から、乗ってきた母親に
猛烈に、抗議をしギャンギャン泣き出す娘。

(でもすごいんだよ、ギャンギャン泣いているのに
 指差す仕草は、絶対やめないの)

ようやく空気が読めて、男は席をゆずろうと
したんだけど、母親が、

「娘のワガママなんだから、譲らなくて結構です。
 どうぞ、お座りください。」
と言って(たぶん、そう言った)
娘を座らせないうえに激しく叱りだす。

そうなりゃ、もう金髪娘も負けじと泣くでしょ。
それを黙らそうと、母親が猛烈に怒るでしょ。
そのうち、
「母親に怒られることになったのも彼のせいよ~」
と(たぶん、たぶんそう言った)
また、男を指差すでしょ。

これが、何駅過ぎても続くんだよ。

男は、席を立つこともできず
いたたまれない様子だった。

可哀想に。



そう言えば、私も20代のとき
朝の地獄の激混み埼京線で
いつもの駅から乗ったら、

「あら空いている♪」

とすかさず座席に座ったの。

当時、会社の同僚男と一緒に通勤していて
私の前に立った同僚に

「すごいよー。座れちゃうんだよ。
 埼京線で座れちゃうんだよ。
 どんだけ、私の日頃の行いがいいってことだよね。」

と無邪気に笑って話しかけてんのに

同僚は、軽く無視。

私は、
(自分が座れなかったからって無視するとは
 小さいやつ)
と思っていたの。


終点で駅に降りて同僚が言うには、
座席に座ろうとした知らない男が
網棚に荷物を置いている最中に
いきなり座ったんだって。

そう、金髪娘と同じ。

しかし、私の場合は座ったのだ。
知らないで。
荷物を置いていた知らない男は
終点まで口をあんぐりしていたから
同僚は、他人の振りをしたんだって。


金髪娘は座れなかったが
私は、座った。


なんとなく勝利感あふれた気持ちで
山手線を降りやした。



はい、
どんと晴れ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

かもめ食堂

先日、深夜、テレビで放映された「かもめ食堂」

http://www.nikkatsu.com/movie/official/kamome-movie/

Photo













映画館で上映されているときに観逃したので
ここぞ!とばかりに録画した。

これおすすめー。良かったです。

なんてことないストーリーだけど

「ああ・・・人って

 みんなどこか一人ぼっちで
 悲しくて さみしい。

 でも人って
 やさしくて あたたかいんだなー。」

なーんつって柄にもなく思ったり。

すごく後味のいい映画です。

 

 

さて。 

「かもめ食堂」のメイン料理は「おにぎり」

観終わると、食べたくなること請け合い。

映画を観終わった私は、ねんごろ相手に
「ねーねー。どっかドライブ行こうよ。」
と、言った。


(ドライブたって、あれよ。運転は、あたしだよ。
 なにせ、ねんごろはスーパーペーパードライバーだからね) 
 

ねんごろ  :「いいよ」

LARK子 :「でさ、お弁当でおにぎり持って行くの」

ねんごろ  :「お弁当ね。いいね。」

ねんごろ  :「・・・・・・・・・」(何か考えて)

ねんごろ  :「・・・・っかー(※)。電車の旅もいいね。」

LARK子 :「あ・・・そーだね。電車もいいよね。楽だし。
                電車に揺られながら食べるおにぎりもいいよね。」

ねんごろ  :「・・・・・・・・・」(また何か考えて)

ねんごろ  :「・・・・っかー(※)。         
                電車は、駅弁だよね。」

LARK子 :(ムカッ)

 

でたよ。でたよ。お得意の「っかー(※)。」

 
(※)「っかー」 : 「てゆーか」の略。ねんごろがよく使う。
          ねんごろは基本的に私の意見や提案に対して反対などしない。
          だが!
          「っかー」が出ると、私の提案は却下という意味だということに
          最近気付く。

この会話でおかしいところはどこだか、おわかりであろうか。

 
かもめ食堂を観て「おにぎり」が食べたくなっていることは
一目瞭然。

ただ「おにぎり」を持って出掛けたいだけだったから
ドライブは思いつき。これが電車の旅になっても構わない。
ここまではよかろう。

なんだい、なんだい「駅弁」って!!!

こっちは、「おにぎり」喰いてーっつってんの。
駅弁食べたことが無いって言うならいざ知らず
今まで電車の旅は、全て駅弁だったじゃないのさ。

しかもさ、

愛してやまないLARK子が握る「おにぎり」だよ。
手放しで喜ぶってのが、普通じゃないの?
拝んで食べるっつーのが普通じゃないの?
幸せ過ぎて死にそうになるっつーのが・・・(もういいか)

それがなんだい、「駅弁」って。
 
あいつはね、悪気無く人をムカつかせる才能に長けているね。 
その後、LARK子がふてくされたことは、ゆーまでもない。
ま、どーでもいいか。

あれ?
何の話だっけ。

あ、そうそう。かもめ食堂。
是非ごらんあれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

ブルー そして ブルー

あー
風邪引いたー。
熱が出そうで出ないという中途半端な
具合の悪さがここ2,3日続いている。

今日こそ
「絶対熱出る」
とふんで仕事休んだのにさ。ずっと36度だもの。

なんだかブルーよねー。



ブルーと言えば先週末。

池袋のライブハウスのセッションに行った。
(私は聞くだけ)
セッション終了後、
お誕生日の人が二人居たので
みんなでお誕生日パーチーという飲み会に行く。


その時、
一緒に行ったライブハウスのママさんが
ありえない数の料理を注文した。


テーブルに乗り切らない料理の数々。


誰もが「うぷっ」と満腹感をあらわにするから
あたしゃ食べたよ。頑張って。死ぬ気で。
(その上、持ち帰りよ)


帰宅後、体重計に乗ったら
家出る前のときより
1.85キロも増えてた。
(どんだけ食ったのさ)


次の日、0.85キロ減った。


「あと1キロの行方は?」


と思った途端、ブルー。超ブルー。




超ブルーと言えば8月下旬の事。

例の如く、遅くまで仕事していた。
私は集中すると(滅多に無いがね)
夕方からずっとトイレに行くのを忘れたりする。
その日も「あ、」と思って時計を見たら

23時20分。

思い出した途端、ものすっごく行きたくなって
慌ててトイレに行ったら


『23時より水道工事のため断水』


という紙が扉に。

(事前に連絡あったのに忘れていた)


「・・・!!%△○#!!!」
(軽くパニック)

『一目散』ってまさにこの姿よ!
と誰もが分かる様子で、まっしぐらに家に帰った。


「三十路で粗相しそうになるなんて」


とトイレの中でブルーに。
「ブルーレット置くだけ」も無くて
更にブルー。



そんな日々を過ごしながら
夏も終わり、秋の足跡がそこまで。

秋は、も少しまともな毎日を生きたい。
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »