« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月 8日 (火)

おそろしき看護士

お正月休みも終わった途端
ニュースでは花粉情報が流れていた。
早い。季節の移り変わりって早い。
 
 
それなのに俺は、
今頃、インフルエンザの検査しちゃったよ・・・
おっくれってるー。
世間の流れに、おっくれってるー。
(↑ちょいウザ)
 
 
 
先週の金曜日から喉がいがらっぽくて
「もしや・・・」と思ったけど
わたしゃボーカル業を営んでる訳でもなし・・・
と気にもとめていなかったが
翌日、ドカン!!と熱が出た。
 
 
 
去年12月にも発熱したが、その時よりも重症で
一時、39度8分まで上がり意識もモーローとした。
どんだけモーローとしたかと言えば
 
 
ドラマ相棒で水谷豊扮する、警視庁特命係の杉下右京が
私に猛烈に且つ冷静にアタックしてくる。
という事が夢の事なのか現実のことなのか分からず
しばらくの間、真剣に返事を考えてしまっていた・・・
 
ってぐらいモーローとしていた。
(夢に決まってんだろ~。しかも右京ってどうなの・・・)
 
 
 
週末で町医者も休んでおり
私は、ヒーヒーいいながら
風邪薬を飲み、死ぬほど汗だくなり、着替えて寝る。
を一日4回繰り返していた。
ポカリを何リットル飲んだことだろう。
(アルコール以外の水分を1リットル以上飲んだの久し振りだ)
 
 
昨日になってようやく熱も下がってきた。
助かった。だってもう着替える家着が無かったから。
(そこに助かったのか?!)
 
 
ところが今度は死ぬほど喉が痛い。
自分の唾液を飲むだけで激痛。
 
こりゃたまらん、って訳で早速町医者へ行った。
 
 
いつものお医者さんと看護士のおばちゃんに診察してくれて
やはり、すごく腫れていると。喉が。
 
 
「熱が上がったときからの時間経過からその喉の腫れは
 インフルエンザの可能性がありますが、検査しますか?」
 
 
と言われたので一も二もなくお願いした。
 
 
「すぐに終わるんですか?」という私の問いかけに
「ええ、すぐ終わりますよ」という先生の返事が終わるや否や
 
「ガシっ!!」
 
と背後から何者かに羽交い絞めに!
 
 
って、看護士のおばちゃんが後ろから
右腕で私の顎を押さえつけ
左手ではティッシュを数枚重ねて私を
目隠ししたんだけど。
「?!」
と思った習慣、激痛!!
「ふんがっぐっぐ%□&!!」
って言っちゃったよ。恥ずかしい。



ま、検査って要は柄の長い綿棒で右鼻の
奥の奥をぐりぐりされたんだけど。
一言、言ってくれりゃ大人なんだから
痛くても静かにするのに羽交い絞めって何よ。
その行為がすごく怖かったよ。LARK子は。
意味なく敗北感を味わったよ。LARK子は。


入ってきたときより、
確実に看護士のおばちゃんを
嫌いになって診療所を後にした。


インフルエンザの検査って、
まず、「羽交い絞めにする」ってのが主流なのかしら。
経験者の方に是非聞きたいです。


あ、結果は陰性でした。(よかったー。)
徐々に痛みも引いております。

おかげでLARK子の仕事始めは明日から。
やれやれ。

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

お正月気分も抜けたころですが

あけましておめでとうございます!

今年も、ほんによろしゅうお願い致します!



今年は特に期待する物事もないので
静かに一年を過ごそうと思っているLARK子である。

ただただ平和に過ごせることを祈ってやまないLARK子である。

ちょっと欲を言えばお給料が倍になればいいなーと思っているLARK子・・・ 
(↑しつこい!!)



さて、今の住まいに越して二度目のお正月を迎えた。
そこに初めて母和子から年賀状が届いた。

2008
















年賀状の表側の宛名の下に私の似顔絵を
自分の住所を書く場所に母の自画像と「おそろしき母和子」とある。


本当にすごいと思ったのは、うちの住所が、
まるで「でたらめ」だったのに

無事に届いたこと!!


番地もでたらめ、マンションの部屋番号もでたらめ。
それでも、ちゃんとポストにあったよ。

(でたらめはわざとではなく
 その住所だと思い込んで書いたらしい 母談)


本当におそろしいよ。和子。
年初から度肝抜かれたよ。



そんな訳で(←どんな訳?)


今年も母共々
よろしくお願い致します。
ぺこり。

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »