« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月27日 (土)

さらば2008

 
 
昨日、親友J子ちゃんに電話した。

そのときに
 
 
「LARK子のブログをいつも読んでいるよー。
 LARK子がブログ更新した直後に読むほど
 チェックしているよー。」
 
  
と、言ってくれた。
 
 
まあ~なんとも嬉しいことを言ってくれるでは
ないですか。
 
単純な俺は、
「そーゆーことなら、張り切って・・・」
と、二日酔いを堪え
ついつい今日も更新をしてしまうのさ。

 
  
さて、今年も残すところ後5日。 
 
 
例年通りいくつかの忘年会・飲み会に
張り切って参加しているが
いまや肝臓の疲れが隠せなくなっている。
  

しかし、例年になく今年は
仕事関係以外の忘年会が多いのが特徴。
これはこれは、うれしい限り。
更に酒がすすむと言うものです。
 
 
昨日で仕事納め。(といいつつ後一日出なくてはいけない)

忘年会もあと3つを残すところで
今年を振り返ってみる。
 
世間で言うところの10大ニュースを
自分でやれば、

 
10位:都内に越して2年半
    
    実家を離れて気がつけば2年半弱。
    いや早い。
 
    それにしても私の家族は一度も私の住まいに
    様子を見に来ない。
    なぜ?

    先日届いた、母和子からの誕生日カードにこうあった。
 
    「あなたの心に芽生えた夢が
     素敵な花を咲かせる
     そんな素晴らしい一年となりますように」

    
    やなり、何かを察知しているのか?!
    すべて、お見通しなのか?!
 

 9位:Maーくん失恋(2008/12/23の日記参照)

    「お姉さん今までありがとうございました。」

    この言葉ですっかり余計な心配をしてしまったよ。
    今の彼はゲーム太鼓の達人で本当の達人になった
    という報告がありました。
 
 
 8位:妹、試験合格

    苦節○年、念願の試験合格!(仕事関係)
 
    LARK子のことじゃないじゃん!!
    と指摘されそうだが、
    この合格祝いに、鉄板ステーキのコースを
    妹と失恋前のMaーくん(なぜこいつも?)に
    ゴチした俺の財布が一気に寒く・・・

    これが今でもひびいているのである。

 7位:岡山旅行

    友人の実家に今年もお邪魔しに。
    最近、「出身岡山?」
    と間違われるようになったこってす。
 
 
 6位:屋形船デビュー
 
    屋形船での宴会とは、いよいよあたしも
    おっさん街道まっしぐらかよ!と思った。
    
    しかし楽しかったなー。

 5位:ハレンチ学園交流
  
    家の傍のいきつけの飲み屋さんで
    常連同士が仲良しに。
 
    ついた名前が、ハレンチ学園である。
 
    理事長・校長・教頭・美術の先生・用務員
    などなど呼び名があり、
 
    私の担当は、保健のセンセ。
    なんでも赤チンで対応しちゃうの。
 
    このメンバーの飲み会はこれまた濃くて楽しい!!
 
 
 4位:湿疹で悩まされる
 
    こいつは本当にやっかいだった。
    3月ごろに発症、未だに残っていてまだ痒い。
 
    この原因を調べるために血液検査をしたら
    「γ-GTP(肝臓の数値)」と、中性脂肪」
    の数値が高いという余計なことまで判明し
    すっかり凹んだことだよ。
 
 
 
 3位:ゴルフデビュー
 
    7月にハレンチ学園の理事長と教頭に誘っていただき
    輝かしいデビュー(?)を果たす。
 
    しかし、12月4日に2回目のゴルフに行ったら
    キャディーさんにコテンパシにに打ちのめされ
    日記に書くことができないほど落ち込んだ。
 
    ゴルフ道は険くそして厳しい・・・
 
 
 
 2位:ねんごろ、痛風になる
 
    これは、1位に匹敵するほどのびっくり事件。
 
    夏に、呑めないねんごろの目の前で
    喉を鳴らしながら呑んだビールが、事の外うまかった。
 
    調子こいて呑む私に
    「この鬼!」
    と、何度言われたことか・・・
 
    今では、すっかり痛みも治まりました。うひひ。 
 

 ま、こんな風にきて、
 
 1位は、やっぱり、
 
 
 ☆リバウンド、留まることを知らず

 
 である。
 
 みなさんご存知、私は今年もダイエット失敗。
 つか、前回一番太った時の体重を越してしまう
 という大失態である。(要は、人生最大の体重)
    
 もー誰か助けて。
    
 ホコリの被った、コアリズム・ビリーが哀れでならない。
  
 来年早々に、本当に頑張ろう!!!と決意を新たに
 今日もラーメン・ギョウザを平らげたLARK子である。    
    

 

なんだか、地味な一年だったかも。
しかし、母和子の大好きな最近めっきり見なくなった
細木数子のいう大殺界も今年で終わりらしい。
 

じゃじゃ、来年は 

百花が繚乱!
でも、行き当たりバッタリ!
そして、前後不覚な!
 
そんな感じでダメに生きていこうと思います!
 

 
来年もLARK子の日々を
 
よろしく哀愁~
 
 
 
 

| | コメント (4)

2008年12月23日 (火)

天国と地獄

先週は、私一つ歳をとったことを
思いもがけず多くの方々から祝っていただけました。


すごーくうれしかったです。


14日、小学校の友人が私の家で祝ってくれて


17日、誕生日当日は仕事で23時過ぎまで働き
がっかりした私に上司が、屯ちんのラーメンで
祝ってくれ、


18日は、あるお店のライブに行ったら
大好きなお店のママさんと大好きなボーカルの方と
お客様に祝っていただき


19日は、地元の友人、チーム・ハレンチの皆さんに
朝まで祝っていただき

そして温かいメールで祝っていただいたり


もう、近年に無いすごく幸せな
誕生日ウィークを過ごすことができました。

みなさん、本当にありがとうございます!!
みんな、ラブ!!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

18日の朝、末の弟Maーくんから電話があった。

用事も無いのに電話をしたと言う。


そんなことは、ホント珍しいので薄らキモ悪い胸の内を隠し
なんてことない会話をしていたら


「いやー今朝はお母さん(和子)と色々話をしていて
 そのとき、お姉さんの話になったんだよ。

 今まで、経済的にずいぶんお世話になっているのに
 家を新築するときもお金を出してもらっているのに
 今でも、ずっとお世話になっているのに

 お姉さんはえばったりするどころか
 逆に兄弟に軽く馬鹿にされる(主にデブとか)傾向があるのに
 そんなことにも文句を言わないじゃない。

 僕は、そんなお姉さんにきちんとお礼を言っていなかったなと
 思って・・・

 お姉さん、今までありがとうございました。」


と言った。


どうしたんだ。Maーくん。マジで気持ち悪いぞ。

「そんなに言うなら、貸したお金早く返して。」

と、言おうと思ったけれど、ぐっと堪え

「いえいえ、どーも、いたしまして」

と電話を切った。


少し気になったが、仕事に行きその後ジャズクラブで
ライブを堪能し、ベロベロになったら楽しくなって
すっかり忘れた。 
 

さて、翌朝。
薄ら二日酔いの私に、Maーくんの彼女からメールがきた。
その時点で読むと、きっと吐く。
そう踏んだ私は、もうひと寝入りしてからゆっくりと読んだ。


読めば、Maーくんと別れたという。

5年続いた仲であるが、長い春はダメなのか・・・


まあ、男女の仲は当人同士じゃないと解らないからね。
仕方が無いことだよ。


しかしメールの内容に気になる文が。


「彼はかなりショックを受けている模様」


彼女の話だと、Maーくんが朝、私に妙な電話をくれた前夜に
別れ話をしたらしい。


んんん?
たしかあの朝あたしに
「ありがとうございました。」って言ったよね。


いやあ、まさか女と別れたぐらいでさー・・・
まさかねー・・・
まさか・・・


いやあ、ホント私も馬鹿だけど電話したね。
一応母和子には、様子を見てもらおうと思って。

「実はMaーくんさ・・・」

と切り出す前に

「ちょっとLARK子ちゃん、Maーくん別れちゃったのよー」

と和子。


なーんだ知っているんじゃん。
(その時点で家族みんな知っていた)


ならば話は早い。
彼女からのメールのこと。
Maーくんがすごくショックを受けていたこと。
私に改まった電話をくれたこと。


なぞ話、まー余計な事かも知れないけれど
様子を見ていてあげてね。


と母に伝えた。


その後、実家の様子や孫の話になったり
そーね、まーくんの事は少し様子を見ようかね、
と、まーくんの話題に戻ったりしていたが


その、ペラペラ話す和子の後ろからずっと、


「ドンドドン、ドンドドン、カッカッ、ドドドン!」
「ドンドドン、ドンドドン、カッカッ、ドドドン!」


と、ちびまる子ちゃんのエンディングテーマに合わせて
軽快な太鼓の音が聞こえてくる。

その前は、演歌と合わせて。
その前は、ポケモンのテーマと合わせて。
その前は、何かクラシックの曲に合わせて。


「お母さんの後ろから、ずっと聞こえる、
 その張り切った太鼓の音は何でしょう?」


と聞いたら、


「ええ、ええ、今日購入した

 wiiのゲームの「太鼓の達人」よ。

 さっきから張り切って、やっているのよー。」


「誰が?」


「Maーくんが。」



・・・・・・。


和子、そうゆう元気な様子は早く知らせろ。


私は、静かに電話を切り、
本当に余計な心配をしたと心の底から思ったよ。


あのように軽快な音が出せれば、
たぶんもう大丈夫さ!!

いや、きっと、きっと大丈夫!


その後、何日か母から聞いたMaーくん情報は

・年末ジャンボ宝くじをいつもの3倍の枚数を購入

・お正月の料理にカニを希望し代金も担当する
 (LARK子はアルコールと寿司担当だと勝手に決める)

・wiiゲーム「太鼓の達人」が、本当に達人の域になりつつある。



ということだった。
これじゃあ、死なないね。
よかった。よかった。

Maーくん、元気だせよ。
来年はきっと、いい年になるよ。


しかし、弟の失恋話を書く姉もひどいね。
でも姉の誕生日に別れる貴方がいけない。

まあ、
お正月にはゆっくり家族で過ごそうじゃないか。
それもたまにはいいよ。



ババンバ バン バン バン
ハービバノンノン♪
人の不幸は蜜の味♪

うひひ。

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

なぜに闘魂

Img_topimage








人は歩みを止めた時に 
そして挑戦をあきらめた時に 
年老いて行くのだと思います
 
この道を行けばどうなるものか
 
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
踏み出せば その一足が道となり
その一足が道となる
 
迷わず行けよ 行けばわかるさ
 
ありがとうーーーーーーーーーー!
 
 
 
 
この、引退スピーチ「道」で涙を流した男達が
夜な夜な通う「アントニオ猪木酒場」を
ご存知でしょうか。
 
 
22時過ぎ頃、残業していた私に
「呑み行きませんか?」
美人アルトサックス奏者より電話有り。
 
 
残業続きでろくに呑みに行っていなかった私とねんごろは
「あらほらさっさー♪」
と二つ返事で、池袋へ向かった。
 
 
しかし、目指したお店は月曜日は
24時閉店ということに気付き
あわてて他の店を探した先がここ。

「アントニオ猪木酒場」
http://www.g-com.jp/inokifoodsbusiness/index.html
 
  
 
ねんごろのチョイスであった。
 
 
 
店の入り口入れば
「いらっしゃいませーー!4名様入場です!」
の後に
「カーーン!!」
とゴングが。(これがうるさい)
 
 
そっこら中に、
若かりし猪木の試合モニターがあるわ
ポスターあるわ
当時のチケットあるわ
グッズはあるわ。
 
猪木のテーマが延々と流れるこの店、
本当に猪木が好きな人には
たまらないんじゃあなかろうか。
 
 
しかし残念ながら、
美人アルトとその旦那様と私は
特別猪木が好きな訳ではない。
 
結構うっとうしい。
 
 
さて、その日に注文した品は

・マグロとアボガドのモンゴリアンチョップ
・修羅場くぐりの延髄斬り
・ウエスタン・オニオン・ラリアット
・オムソバ(正式名称、忘却)
 
 
なんの料理だかまるでわからないぞ!
 
 
そうそう、
それに加え、サラダを頼んだのだが
 
出来上がったサラダを店員さんが運んでくると
周りの団体お客様も巻き込んで
 
「いくぞー!」
 
「オー!」
 
「いち、にー、さん、サラダー!!」
 
 
という例のコール(ダジャレつき)をみんなで
叫ばなくてはならないルール。
私達の時も叫んでくれたので
他のテーブルが注文したとも叫ばなければならなかった。
 
 
でも、男子リーマン団体の叫んでいる姿は
至福のとき、そのものである。
 
 
本当に好きな人にはたまらないんですね。
 
 
私は、プロレスと言えば
全盛期のころ、テレビで試合を見ちゃあ
弟に技をかけられた・・・
という痛い思い出や、
 
「グレートアントニオファスティングダイエット」
 
(アントニオ猪木の薦めで小川直也が
 肉体改造に使ったことでプロレスファンなら
 誰でも知ってい・・・ハズ。)

に、2万円もかけて購入し実践したけれど
まるで痩せなかった・・・

という辛い思い出が彷彿として
少し空しくなったけれど

文句いいつつ、なんだかんだと楽しみました。
 
 
その様子を、見ていたねんごろは
 
「俺、流石!
 俺、ナイスチョイス!」
 
とでも言いたげな、満足な笑みを浮かべておりました。
 
単純男め。
 
 
喜んでいる暇があったら、
猪木の闘魂を注入してもらい
我社の不景気を乗り切って欲しい。
 
 
と、思ったLARK子でした。
 
 
うひひのひ。
今月はあと何回呑むのだろう。
頑張れ肝臓月間!
 
である。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »