« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月27日 (金)

わたしとしたことがっ♪

 
TOKYO FM局で放送されている
「ジェット・ストリーム」
という音楽番組がある。
 
こちら現在も放送されている事実にびっくり
2009年3月までは伊武雅刀が。
2009年4月からは大沢たかおが機長となる。
 
(JAL提供の番組だからパーソナリティは機長という)
 
 
私は機長が城達也(初代機長)のときに聴いていた。
 
 
オープニング曲フランク・プーセルの
「ミスターロンリー」のイントロが流れると
 
「~光と影の境に消えていったはるかな地平線も
 瞼に浮かんでまいります。
 日本航空があなたにお送りする音楽の定期便、
 ジェット・ストリーム。
 皆様の夜間飛行のお供をするパイロットは私、城達也です。」
 
なんつー、渋い声のナレーションが
たまらない番組であるが
 
このラジオ番組に絡みたいのではない。
 
 
当時、このオープニングの後に流れる
CM曲が、
 
1972年にヒットした、
ギルバートオサリバンの「Alone Again」だった。
 
この方(※音でます。携帯の方見られないかも。です。)

 http://www.youtube.com/watch?v=D_P-v1BVQn8&feature=player_embedded
 
 
 
実は、十代から7年程付き合った彼の家で
たまさかの逢瀬を楽しんでいる際
 
ラジオからこの曲が流れると
 
「じゃ・・・またね。」
 
と、まだ一緒に居たい気持ちを抑え
私は家に帰らなくてはならなかった。
 
そんな想い出の曲である。
 
 
(そんなこと書いている自分がはずかしい) 
  
  
だから、この曲を聴くと
その彼のことや
若かりし頃の自分を思い出し
 
 
ああ、あのときのあたしは
本当に痩せていた・・・
 
としみじみ・・・する。
 
 
いやいや、そんなことじゃなく。
 
 
それではなんだ、と言われれば、
 
実はこの曲の日本語版があるということを
今日初めて知った。
 
 
草刈正雄や金井克子も歌っていますが
この九重佑三子(初代コメットさん)のが秀逸だと思う。
 
こちら (歌詞つき)

http://www.youtube.com/watch?v=G2tuyFseQTc&feature=PlayList&p=ECDF960C4FE0F89C&playnext=1&playnext_from=PL&index=49
  
 
 
さすが、なかにし礼。(作詞)
 
先生の底力が爆発し暴走しまくった
歌詞となって仕上がっている。
 
 
冒頭の
 
「♪~わたしとしたことが!あなたに棄てられて!」
 
の一言で
 
彼への気持ちや
せつない思いや
甘酸っぱい想い出が
 
 
一蹴されてしまいました。
 
   
YouTubeを観れない方のために  
日本語版の歌詞を少しだけ紹介する。  
  
 
  

◇◆◇◆
 
 
『また一人』 九重佑三子
 
 
私としたことが あなたに棄てられて
  
生きてることが 空しくなっちゃって
 
 
高いビルの 屋上から
  
身を投げて 死のうかと思いつめていたら
  
 
よせ!と言って 声をかけて来た
  
やさしい男と 恋したけれど
 
  
つまらなくて 今日からまた  
 
 
私は一人
 
 
◇◆◇◆
  
  
この名曲をこれだけ殺伐とした歌詞に  
変えるとは、ずいぶんと思い切ったものである。  
  
  
それなのに。
  
  
不思議と気がつくと
 
「わたしとしたことが~」と
 
ついつい口ずさんでしまって
頭から離れないのさ。
 
  
『思い出より笑い』  
  
これが私の生きる道  
である。  
   
  

しかしオサリバン的には
いいのだろうか。
  
と、問いたい。

 
  

| | コメント (2)

2009年3月14日 (土)

初恋の人からの手紙

 
 
ずいぶんと久し振りだなー。
みなさん、お元気ですか?
 
私は今日も太っています! 
いつ痩せるんだ、コノヤロー!
 
 
さて、 
一昨日は、母和子の誕生日でした。
 
「何か欲しいものは?」
と聞いたら、
 
「近い将来必要なもの・・・」
なんだろうと思ったら
 
 
 
「尿とりパット」

 

だってさ。
 
なんじゃそりゃ。
 
 
 
相変わらずな母に翻弄されている私に
 
 
なんと初恋の人から私に手紙が届きました。
ちょっと恥ずかしいけれど面白かったので 
全文掲載します。

  
 
  
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
LARK子、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?
「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」
と一人でキレていたLARK子がなつかしいです。
 
 
喧嘩が増えてきて、LARK子が「もっと大切にしてくれる人と付き合う」と言い捨てたあの日から、もうずいぶんと経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。
 
 
あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。
 
 
思い返してみると、いつも恋愛の主導権を握っているのはLARK子のほうでしたね。ときどき告白されるLARK子に対し、女子と接点すらほとんどないおれ。LARK子がいつも「私たちは束縛とかしない自由なカップルでいよう」と言っていたのは、おれにとって、ほとんど「いつでも別れるぞ」という脅迫のようなものでした(苦笑)。今でもその場面が夢に出てうなされます。
 
 
そういえば、LARK子にとって、おれが初恋の相手だったのかな?いきなり付き合った瞬間に「付き合ったらHしなきゃいけないの?不安なんだけど」と言われ、返答に困ったのを覚えています。考えていることがそっち方面ばかりなのは、今も変わっていないのでしょうか?
 
 
付き合い始めのころ、LARK子は平気で「いつか結婚してあげてもいいよ」などと言っていましたね。あまりの強気(意地っぱり)に唖然としたけど、その気持ちは嬉しかったものです。今でもその話は有効なのでしょうか。
 
 
恋愛を総括して言えば、きっとおれはLARK子と付き合うことができてよかったのだと思います。いつもどこかにいってしまいそうなLARK子と付き合って、最終的には自分との戦いだということを学びました。
 
 
いろいろ書いたけど、おれはLARK子が大好きでした。これからもLARK子らしさを大切に、あと、Gカップになるという夢もそのまま追いかけながら(笑)、新しい誰かと幸せになってください。
 
 
またいつか会いましょう。では。
 
 
P.S. そういえば犬にへそのニオイを嗅がせる遊びをしていましたね…。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
ウケるー!
 
 
これ、
 
「初恋の人からの手紙」です。
http://letter.hanihoh.com/q/
 
(携帯からの方、できなかったらごめんなさい) 
 
 
自分の名前入れて、
質問に答えるとこういう手紙が
来るんですよ。
 
 
>「付き合ったらHしなきゃいけないの?不安なんだけど」
>と言われ、返答に困ったのを覚えています。
 
 
と、そっち方面のことばかり
考えている女にされましたが
 
あながち
 
 
「違っちゃいねえ・・・」
 
 
と思ったのには理由があります。
 
 
が、
 
それは次回お話します。
 
 
「初恋の人からの手紙」
 
 
是非お試しあれ。

| | コメント (6)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »