カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2010年6月29日 (火)

6月も終わりか・・・

  
先日、実家に帰ったときのこと。
 
 
私のことを大好きでやまない姪っ子と
楽しく遊んでいたら、傍で見ていた弟が
 
 
「ゆーちゃん(姪っ子)。
 LARK子ちゃんのそばに居ると
 感染しちゃうよ・・・」
 
 
と言った。 
 
 
きょとんとするゆーちゃんに更に弟が 
 
 
「ほら、最近牛から感染したってニュースで・・・
 あの・・・
 
 
 口蹄疫さ・・・」

 
 
・・・!?
 
 
俺、豚じゃねーし!!!
 
ひどい・・・
 
 
 
更に足の擦り傷を気にする私に
弟が
 
 
「お姉さん、大丈夫?
 
 
 ・・・蹄。」
 
 
・・・!?
 
だから、豚じゃねーってば!!!
蹄って、割れてねーし!!

つか、爪だし!!
  
 
 
 
ひどすぎる。
 
 
 
そんな仕打ちにあっても
何とか生きているLARK子です。 
 
超お久し振りですが、ご機嫌いかがですか?
 
 
 
私のことを実は、、、、
 
 
 
「ほら、LARK子さんて
 
 
 あの人でしょ。
 
 
 忙しいのよね、今きっと・・・
 
 だから、ブログ更新できないのよ・・・。

 
 ほら・・・ 
 
  
 月9で、、、
 
 キムタクの相手役の・・・。」
 
 
 
と、思われていたかた~
 
 
違いますよー
 
 
ホント気持ち分かるけど
 
 
違いますよー
 
 
 
リー・チーリンじゃないですよー 
 
 
(軽く殺意芽生えちゃった人には心から詫びます)
 
 
 
ただ、ただ、更新してなかっただけです。
 
  
  
  
気が付いたら、もうすぐ夏じゃない!!
 
またまた間に合っていない、わたくし。
 
 
とりあえず、今、何年も達成出来ていない
ダイエットに力を入れようと思っています。
 
 
もう少し、痩せたら
 
いろいろ書きますので、
 
 
今、しばらくお待ちください!
 
 
アデュー! 

 

| | コメント (3)

2010年1月15日 (金)

さて

 
毎月 22日は
ショートケーキの日なんですってね。
 
 
カレンダーの22日を見ると
常に上に、15日があるから。
 
15
 
↑いちご・・・だから。。
 
 
って、得意顔でワタシに教える
母(和子)は今年も元気です。
 
 
 
では、今月の16日は何の日でしょう。
 
 
16
 
↑いつもムッツリスケベ なねんごろの日です。
 
 
ということで
  
ねんごろのリーダーライブの日だそうです。
 
 
・・・すみません。
 
リーダーライブを日記に書けば
給料50万円アップしてくれるって言うんですよ。
 
(そうです。ねんごろはワタシの上司でもある) 
 
 
 
この不景気なご時世にそんなうまい話って
あるんでしょうかね。 
 
信じて書きます。
 
 
 
◆「この不景気をぶっとばそうぜ!ライブ」
 
(リアルにねんごろが命名。ダっサ。)
 
 
  日時  1月16日(土) 
      3ステージ 19:15~20:00
             20:30~21:00
             21:45~22:30
 
  場所  代々木NARU
            http://www.yoyogi-naru.com/
 
      渋谷区代々木1-36-12 中央防雷ビルB1
      03-3370-8154
 
  メンバー 国貞雅子(vo) 荒武裕一朗(p)
       山本裕之(b)
          内田(いつもムッツリなねんごろ)修一(ds)
 
 
 
 
さてさて。
 
ムッツリねんごろが大好物なものは
 
「古代」「江戸」「昭和30年代」
 
そして 
 
「宇宙」
 
である。
 
 
以前からそのどこかの時代関連の本を
読んでいるが、その知識は更に深まったらしいです。
 
↓こちらで。
 
ディアゴスティーニ
http://deagostini.jp/
 
 
「創刊号は特別価格でバインダーつき!」
のCMを見るたびに
  
 
これ最終巻まで買う人いるのかしら・・・
と思っていたこともあったのですが
 
すっごい身近にいたんですね。
  
  
 
去年は以下を読破していました。
 
・週刊古代文明 ビジュアルファイル
・週刊昭和タイムズ
・週刊歴史ミステリー
 
今年は年初から「週刊江戸」を定期購読しています。
 
 
今年、これから上司と呑む機会がある人には
江戸時代のロマンを語られるという
うざいオプション付きです。
 
 
では。
 
50万アップしたら呑みに行きましょう!
 
 
 

| | コメント (0)

2009年11月30日 (月)

幸せな日曜日

 
 
まこという名の不思議顔の猫 http://scomu.jp/makocat/が終了してしまった今、

このアラフォーの心を癒すはいまやココ。

あすナロにっき http://narocat.seesaa.net/
 
 
ナロ可愛すぎー
 
 
 
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 
 
ねんごろの音楽関係の友人で
私と同い年の女子ミュージシャンが何人かいる。
 
 
その彼女らが今年続々と嫁いでいった。
 
 
ボーカルの彼女はハワイで挙式を
 
ピアニストの彼女は春に入籍を
 
 
そして昨日、
 
 
トロンボーンの彼女が挙式をあげた。
 
 
 
旦那様も才能溢れるミュージシャンで
芸大出身の絶対音感の耳を持つ、ピアニストである。 
 
 
彼の前で、放屁をした日にゃ
「レ、ですね」
なんて言われそうだから本っ当に気をつけなくてはならない。
 
(↑他の事をもっと気をつけろ)  
  
 
 
二人は、あるジャズバーの(そのお店で私は彼女達と知りあった)
忘年会で
 
 
「私たち、結婚します」
 
 
と発表した。
 
それから早4年・・・
 
え、それでどーしたの???
 
と、軽く心配していたところに
結婚式の招待状が届いたから、
 
 
本当に嬉しかったよ。
 
 
 
  
さて
 
30歳代をほぼデブで過ごしている私にとって
挙式に出席する衣装は、もはや着物しかない。
 
 
その着物姿をねんごろに
 
「樽?」
「浮き輪してんの?」
 
と、殺意芽生える発言に耐えながら
 
 
我が家のすぐそばの結婚式の会場へ行く。
  
   
 
ミュージシャン同士の結婚式とあって
招待客もミュージシャンが多く
 
披露宴で流れる曲も全て
そのミュージシャン達の演奏で大盛り上がり。
 
  
ドラムのねんごろもセッションに参加して楽しんでいた。
 
 
 
新郎新婦は、ラテンのバンドを組んでおり
そのバンドで新郎新婦と共に弾けた演奏が流れると
 
会場に居た半分以上の人が立ち上がって踊りだし
最後には一列で、会場中を踊りながら練り歩くほどの
盛り上がりをみせ   
   
 
全員参加の披露宴という感じですごく楽しかったー! 
 
 
心から、おめでとうという気持ちが溢れると共に
 
 
「ああ、
 
 またもや一人、LARK子をおいて
 
 結婚していく・・・」
 
 
とまあ、めでたい日に一抹の寂しさを憶える私はバカである。 
 
 
 
そんな私に
 
披露宴が終わり
会場を後にする私たちを見送る
新婦の前に立った途端
 
 
「はい、LARK子ちゃん。」
 
 
と、ウエディングブーケが目の前に。
 
 
「次は、絶対に絶対にLARK子ちゃんだよ。
 
 そう思っていたから、これはLARK子ちゃんに
 
 渡そうって、決めていたんだ」
 
 
えええ!!
本当に?!
 
  
新婦からブーケを手渡された途端、
 
彼女がそんな風に思ってくれていたことが
とても嬉しくて
 
ぽろぽろ ぽろぽろ 涙が出ちゃったよ・・・
 
 
二人は、私とねんごろの事情を知ってくれているので
いつも応援してくれるのだ。
 
そんな優しい二人を友人に持って
LARK子は寂しいことなんてちっともなかったね。
 
 
 
楽しく、あたたかな披露宴に出席させてもらったうえに
幸せのおすそ分けまで頂いちゃいました。
 
  
 
ありがとう。みえちゃん、よっしー。
 
本当に嬉しい。
 
そして、おめでとう。いつまでも仲良くお幸せに♪
 
 
 
 
今回はオチはなし。
 
 
 
心温まる日曜日を過ごしたLARK子だから。 
  
 
 
 

| | コメント (4)

2009年11月16日 (月)

先週末のLARK子

 
 
実はプロフィールを訂正しました。
お時間のあるときにお読みくださいませ。
 
なぜ今更・・・ 
 
自分でも不明です。 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 
 
 
 
さて、先週は(先日の日記にも書きましたが)
月曜日の夜・木曜日の夜と
夜間作業で徹夜をし、
 
 
アラフォーの肌が限界となった。
 
 
マジで疲れた。
 
 
ワタシはシステム関係の仕事をしているので
女性でもアラフォーでも問答無用で徹夜を
強いられる。
 
夜間手当ってもらえないのかしら。

(結論:もらえず)
 
 
そんなんで金曜日は
お昼に帰宅し、バタンQで意識を失い
 
夕方から、のこのこ起き出して
急遽出席することになった
結婚式の二次会パーリーの服を
ねんごろと買いに行く。
  
 
他にも服を薦められて
 
 
「痩せるから、今はいらない」
 
 
と、言ったら
 
 
ねんごろだけでなく
店員さんまでも 
 
 
「それはいったい全体いつの話なんだよ」
 
って、目で見られた。 
 
店員さんまでもだよ・・・。
世間の厳しさを肌で感じたことだよ。
 
 
その後、自宅近くの呑み屋へ。 
 
その日のおススメメニューの 
坦々ゴマサラダが絶品だった。
ビールが進むピリ辛味。 
 
 
ここのお店は
 
 
「男友達が作る気の利いた肴で、ちょいと一杯宅飲みで」
 
  
という雰囲気で
気軽にお店に入れて
美味しい肴を出してくれる。 
  
 
同い年のオーナーと 
ゲラゲラ笑いながら呑むお酒は
本当に美味しくて楽しい!!
 
 
お近くにいらしたときには是非お立ち寄りくださいよ。
こちらです。
 
呑ませ屋しん太
http://gourmet.walkerplus.com/103032304001/
 
 
しん太を出た後、ねんごろとカラオケに!!
 
二人っきりなのになぜか朝まで。
4時間以上歌っていただろうか。 
バカじゃなかろうか。 
  
 
翌日、土曜日は
 
ねんごろの大学の同じジャズ研のずーっと下の後輩さんの
結婚パーティーへ。
 
 
若い新郎新婦の幸せな様子を見て
ワタシも幸せな気分に・・・♪♪
 
主役も若けりゃ、参加者も若くて
 
平均年齢を上げまくるアラフォーの俺と
アラカン※のねんごろ。
 
(※アラカン⇒もうすぐ還暦の意味に
 もうすぐ棺桶行き。も含む)
  
 
さらに新郎の父親が、ねんごろと同じ年と聞いて
軽いショックを受けて会場を後にした。
 
 
その後、赤坂のリトルマヌエラへ。
こちらのお店は、超大人な雰囲気のバーで
オーナーの方のピアノをバックに
お客様が歌えるというお店。主にJAZZ。
  
 
このお店は、ねんごろと出会って間もないころ
(つまり、まだ上司と部下の関係のころ)
他の仕事の同僚と連れてきてもらった時 
 
オーナーに「ちょっと叩いてよ」と声を掛けられ
ねんごろがJAZZドラマーだったことが
 
「本当だったんだ!」
 
と知ったお店。
 
(軽く疑っていたんですね)
 
 
で、喜んで叩いていたら、突然TVカメラが入ってきて
偶然にも「アドマチック天国」の取材に居合わせたのだった。
  
しっかりと演奏姿が映るねんごろ。
 
後日、バッチリテレビで放映されていた。
 
あの男って、そーゆー偶然に図々しくも
出くわすことが多いのだよ。。。
 
 
そんな思い出のお店でまったり飲む。
 
場所柄、大手企業の役員レベルの客層で
その日にいらした方は
セイコーの元会長さんと仲良しな上品なおじさま。
 
そのおじさまが話すに 
 
 
昔ゴルフをしていたら、ずいぶん前が詰まっていて
待っていたら
自分達のすぐ前のパーティに白州次郎さんがいらしたそうだ。
 
 
白州さんはおじさま達のゴルフバックを見るなり
 
 
「この下品なゴルフバックはなんだ!!」
 
 
と、激しく叱咤したそうだ。
 
 
「白州さんに叱咤されたことが僕の人生の最大の自慢・・・」  
 
 
下品と叱咤されたことが自慢かよ・・と微妙な空気となったが、
最近NHKで白州次郎が放映されたし、本も読んだこともあり
やっぱり「へーーーー」と言ってしまった。 
 
そんなおじさまを後にして
 
帰ろうと思いきや、 
 
 
 
ふっと思って原宿にあるボロンテールへ。
http://www.h4.dion.ne.jp/~j.orange/jazz-kittsa%20junnrei%20boronteil.htm
 
 
なんとなく呑み足りなかったんですね。
 
 
 
こちらもねんごろが30年ぐらい通っているJAZZバー。
超狭くって結構年季が入った店内ですが
オーナーの京子さんが素晴らしく綺麗でいい人。
 
   
入った途端酔いが回って
じぇんじぇん呑みたりているんじゃん!!
 
と気付き、タイティーを頂く。
  
 
二時間ほど居て帰宅。
  
 
 
もうぐったりでした。
 
 
先週末の教訓は
 
徹夜明けした日の夜には
カラオケ朝まで行くのはバカ。
 
 
ということです。
 
 
今日も未だに疲れが残っています。
 

| | コメント (4)

2009年11月10日 (火)

ご無沙汰デス

LARK子はどうした!!
 
 
LARK子!とうとう筆を折ったのか!!
 
 
 
なんて、誰も騒いじゃいませんね。
 
 
みなさまお元気ですか?
 
 
キャッシー中島に似ていると言われ早2年・・・
 
最近では、イエス!フォーリンラブ!でご存知のバービーに

「似てるー!」
 
とか言われているLARK子です。 
 
 
 
今までのワタシは何をしていたのかと言うと
 
 
・姪っ子甥っ子と初めてのポケモンラリーに行ったり

・ライブハウスで飲み明かしたり

・夏休みもロクに取らない割りにしょっちゅう仕事休んだり
 そうかと言えば、夜間作業で徹夜したり

・近所の仲間と飲み明かしたり
 
・劇団四季「南十字星」を観劇して
 「ブンガワン・ソロ~ 果て~し~ない~♪」
 と歌いまくっていたり
 
・同級生と飲み明かしたり
 
 
・9月1日までに3キロ痩せようね!!
 と知りあいの子との固い約束を、これっぽっちも守れず
 その子のいるジャズバーに顔を出せなくなったり
 

・初めて同級生を我が家にご招待して完全にパニックに
 陥ったり・・・

 
・なんだかんだと飲み明かしたり・・・
  
 
と、いうような日々。

 
ただ、ブログが滞ってしまった原因を挙げると
 
 
8月から続いている、月に1回~4回の夜間作業に
アラフォーのワタシはすっかりグロッキー。
 
20代は、2日徹夜しても結構元気だったんだけれど
この歳になると本当にキツイ・・・
 
肌はボロボロだし、
呑んでもいないのに、鼻の周りが赤くなっちゃうしで
(知るひとぞ知る、私の赤鼻の悲劇。内輪ネタ)
  
心の余裕が無かったのです。
 
 
と、いうのが一つ。 
 
 
後は、最近話題の「Twittwer」や
mixiのボイス(Twittwerのパクリ機能)で
つぶやいていたら、それだけで気持ちが満足しちゃった。。。
 
と、いうのがまた一つ。
 
 
mixiは、友人がいるからいいけれど
Twitterは、友人がいないから
ほぼ全て、独り言となっているが
メゲずに、つぶやきまくってます。
 
 
 
でも、2009年も残り少なになってきたので
もう少しちゃんとブログを書いていこうと
思っています。
 
 
これからも飲んだくれLARK子を
ヨロシクです。 
  
 
では。 
今日はここまで。
 
 
眠くて死にそうだー!!

(今、朝の8:46。実は今日も徹夜明け) 

 

| | コメント (2)

2009年7月17日 (金)

Scarborough Fair

 
イギリス ノースヨークシャー州 スカボロー
 
 
中世には交易の拠点として栄えた町。
かつては毎年八月に市がたち、その賑わいを背景に
いつしかこの歌が歌われた。
 
 
 Scarborough Fair
 
 Are you going to Scarborough Fair?
 Parsley, sage, rosemary & thyme
 Remember me to one who lives there
 She once was a true love of mine
 
 ・・・
 
 
サイモン&ガーファンクルで有名になった
曲ですね。
 
http://www.youtube.com/watch?v=XEhAXQ5QQzs 


 
あたくし、ポールサイモンのオリジナルだと
思っていた。。。
知らないにも程があるってことだろか。
  
 
スカボロ・フェアはもともと
イギリスの古いバラッド。。。。
 
 
遥か昔に伝わる物語を口伝に伝承して聴かせるバラッドは
その殆どが伴奏なしの独唱で伝わってきた。
 
それをフォーク界に重鎮とされるマーティン・カーシーが
(あたくし、この方知らないのです。有名ですか?)
古くから伝わるこの歌をギターの弾き語りにアレンジ。
 
ポールサイモンにスカボロ・フェアを伝えたのが
他ならぬマーティン・カーシーだった。
 
サイモン&ガーファンクルはここで
スカボロ・フェアに詠唱と題するカウンターコーラスを加え
あの素晴らしいハーモニーとして生まれ変わった。
 
 
と、いう内容を
 
BSで放映されている「SONG TO SOUL」で
紹介されていました。
 
 
初めて知った・・・
 
 
と言うのも先日。
 
サイモン&ガーファンクル東京ドーム公演の
初日に行って来たのれす。ねんごろと共に。
 
一塁側、前のほうの席だったせいか
音が後ろに反響しちゃって、イラつき
 
更に、私の隣のおっちゃんが
でっかい声で歌いまくるから
終始ムカついていて
 
なんだかなーと思ったりしたのですが
 
サイモン&ガーファンクルは
素晴らしかったです。
感激しました。
 
ねんごろと私の隣のおっちゃんは大感激でした。
  
 
特にねんごろは
初めてのデートをした高校生の時
観にいった映画が「卒業」ということもあって
いろんな思い出が溢れてきたそうです。
 
 
きっと、デート中の
 
あんなことや、
こんなことや、
何やかんやを
 
思い出しちゃったのかー!!このスケベ!!
 
って感じでしょうかね。 
 
   
 
さて、スカボロ・フェアにある
 
♪~Parsley, sage, rosemary & thyme・・・
 
 
古来イギリスでは
 
パセリは霊的な力の象徴
 
セージは耐え忍ぶ強さのシンボル
 
ローズマリーは愛や貞節、思い出
 
タイムは勇気の象徴
 
 
とされてきました。
 
そうした力をもつ4つのハーブのリフレインは
妖精を退けるための呪文であり、
無理難題を解決する、おまじないとも考えられています。
 
  
 
以下ウィキペディアより。
 
 
パセリは今日まで消化の助けになり、苦味を消すと言われており
そして中世の医者はこれを霊的な意味としても捉えた。
 
セージは何千年もの耐久力の象徴として知られている。
 
ローズマリーは貞節、愛、思い出を表し
現在でも英国や他のヨーロッパの国々では花嫁の髪に
ローズマリーの小枝を挿す慣習がある。  
 
タイムは度胸の象徴であり、歌が書かれた時代
騎士達は戦いに赴く際に楯にタイムの像を付けた。 
 
 
歌での話し手は、4種のハーブに言及することで 
 
二人の間の苦味を取り除く温和さ
互いの隔たった時間を辛抱強く待つ強さ
孤独の間彼を待つ貞節
出来ない仕事を果たす矛盾した度胸を具えた真の恋人
 
 
そして彼女がそれらをできた時に 
彼の元に戻ってくることを望んでいる。
 
 
 
-----
 
 
今日はオチなし。
 

| | コメント (6)

2009年7月15日 (水)

宅飲み?

  
日曜日。
 
ねんごろが師匠と仰ぐドラムの先生と
そのお弟子さん方と我が家で宅飲み。
 
・・・宅飲みって思っていたのは
俺だけだったが。
 
 
現役大学生 2名
大学を卒業間もない 1名
30歳代 1名
 
というお弟子さんたち。
 
 
若い。
 
 
日頃、加齢臭ただようおっさんとの生活に
慣れきったあたしにとって、
 
若さあふれる青春の息吹に
噎せ返りそうになったよ。 
  
 
お弟子さん4名と師匠、そして私とねんごろの
7名で飲み・・・
 
と思っていたら
 
 
その日の集合した目的は
 
1.ドラミングテクニックを収録したビデオで学ぶ。
 
2.往年のドラマーのライブを鑑賞しつつテクニックを学ぶ
 
3.共に師匠の解説付き。
 
 
ということに初めて気付く。
 
 
そうか。
そうだったのか。
今日はビデオを加えたドラムレッスンだったのか!!
 
楽器も歌も何もしないLARK子にとって
 
ポカン・・・ 
 
とした時間が流れる。
 
 
その日のメニューはこんな感じ
 
 
 前菜 :ドレッシングジュレをのせた白身魚の野菜巻き
     
     クリームチーズのスモークサーモン巻き
     レモン・ディル・いくらのせ
     
     グリッシーニの生ハム&バジル巻き
 
 サラダ:7色野菜のサラダ
 
 パスタ:ペンネボロネーゼ
 
 肉  :揚げ鶏のねぎソースかけ
 
 ごはん:デパートで買ってきた太巻き&お稲荷 
 
 
 
食べ盛りの男子の量ってどれくらいなの?
とすっかり混乱したLARK子は
ペンネを500グラム茹でたが(重かった・・・)
 
それすらも瞬殺でなくなり
あわわ、あわわ、
言いながら、鶏肉を揚げちゃったよ・・・
 
あせったわー。
 
 
そしてこの日LARK子が言いたいことは
 
 
お酒も大量にあったんだけれど
もう、若い子たちが全っ然飲まないのさー。 
 
18時から22時半ぐらいまで
居たんだけれど、一人ビールとサワー
2、3杯ぐらいしか
飲まなかったんじゃないの?
 
 
私だったら
ワインなら2本以上
焼酎ロックなら7、8杯
日本酒なら5合ほど
 
は飲んじゃっているよ。
 
 
いいの?それでいいの?
そんなんで、いいの?
 
と終始みんなに問いただしていた
お邪魔虫なLARK子は心配でたまらない。
  
 
日本の将来を憂いた夜でした。 
 
(すっかり余計なお世話)
 
 
   
師匠から貴重なレッスンをしていただいた
ねんごろは、きっと生まれ変わったドラムを
披露してくれるに違いない!!
 
きっと、この日に!!
 
(すいませんね・・・宣伝で)

 
 
  ♪ねんごろ リーダーライブ 「海の日JAZZ Night」 
 
 ☆日時   7月20日(月) 海の日 
       3ステージ 19:15~20:00
             20:30~21:00
             21:45~22:30
 
 ☆場所   代々木NARU
       渋谷区代々木1-36-12 中央防雷ビルB1
       03-3370-8154
       http://www.yoyogi-naru.com/

 ☆メンバー 国貞雅子(vo) 荒武裕一朗(p)
        佐藤有介(b) 内田(加齢)修一(ds)
 
  
宜しくお願いします!!
 

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

ビアマウントのススメ

こちら知り合い(女子)から教えてもらった
漢字テスト。嵌りました。
 
http://www.gamedesign.jp/flash/yomi/yomi.html
 
知り合い(女子)は、レベル5をクリアしたときには
男泣きに泣いたそうですが
 
あたくしは、小高い階段を駆け上がり 
上りきったところで
 
「エイドリアーーーーーン!!」
 
と叫んでしまいましたよ。
辛かった・・・レベル5。
 
   
------
 
 
さて、先週の日曜日のLARK子は
ここに居た。 

高尾山

200907052

 




























豊かな自然の高尾山とLARK子。
似合わねー・・・と思った貴方、
話は最後まで聞け。(いや読め)
 
 
高尾山に行き目指した先はこちらー。
 
「高尾山 ビアマウント」
 http://www.takaotozan.co.jp/beermnt/index.htm
 
 
はい。
LARK子に似つかわしい場所ですよー。
 
 
ねんごろの友人方にお誘いを受け
初ビアマウントデビューしました。
 
総勢10名。 
  
 
わざわざ、高尾山まで行ってビールかよ・・・
 
なーんて思うかも方がいらしたら
いいから、一度行ってみなされ!
と、お伝えしたい。
 
 
自然豊かな中でのビアは、もうたまらなく美味いー!
 
 
梅雨時真っ最中で
東京はムンムンの湿気でしたが
やはり山だけあって
 
気持ちがいいこと山の如し!
(↑使い方間違っている)
 
 
チケット購入後、入場し
即ビアジョッキにビールを注がれ
席に着く間に、飲み干す方とか
 
食べ放題のバイキングでは
何度お代わりしても
炭水化物on炭水化物を
取ってきてしまう方とか
 
LARK子よりもだいぶ大人なのに
自由人ばかりで楽しさ倍増ですよ。 
 
  
ちなみにLARK子は
 
ビア×2で中華
ビア×2でイタリアン
ビア×2でおでん
 
を一巡とし、その後は 
 
紹興酒、バーボンソーダ、
杯サワーにデザートのグレープフルーツを入れて
勝手にグレープフルーツサワー
 
をぐるぐる呑んでいました。
 
 
いやーたのしかったなー。 
呑みまくり、騒ぎまくり、テンション上がりまくりで
もーその楽しさを漢字だけで表すのであれば
 
楽、愉、幸、浮、踊!
 
てな具合。
 
 
今回は昼間(というか午後)の時間でしたが
夜景を楽しみながらのビアタイムもあるとか。
 
  
9月30日(水)まで開催中。
 
是非また行きたいー。 
 
 
※ビアマウントの写真を撮る暇も無く
 呑み喰いに集中していました。
 あしからず。
 
 

| | コメント (2)

2009年6月22日 (月)

わたしと小鳥と鈴と


 
「わたしと 小鳥と 鈴と 」 金子みすず
 
 
 わたしが両手を広げても
 お空はちっとも飛べないが

 飛べる小鳥はわたしのように
 地べたを早くは走れない


 わたしが体をゆすっても
 きれいな音は出ないけれど
 
 あの鳴る鈴はわたしのように
 たくさんな歌は知らないよ
  
  
 鈴と小鳥と それからわたし
 
 みんな違って みんないい
 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇
 
 
昨日、母和子から電話があったので
 
今日、「なんじゃらほい」と電話したら
妹が出て、「母和子は買い物よ」と
言った。
 
久し振りの妹との会話の向こうで
元気な声で、何かを読んでいる声が聞こえる。
 
 
聞けば、甥っ子のいぶきくん(小1)が
学校の国語の宿題で物語の朗読をしているという。
 
朗々と読み上げるその声を聞き
 
LARK子、感激。(伯母ばか×100)
 
 
そのうち、帰宅した母和子が電話を代わり
「りっぱに読めているじゃないのさー」
と言ったら
 
姪っ子ゆのちゃん(小3)のも聞けと言う。
 
それが、冒頭の詩であった。
 
も~、ゆのちゃんが、一生懸命に読み上げる
その声を聞くだけで、LARK子更に感激。
(伯母ばか×200)
 
 
ついつい、涙を浮かべていたら
  
目の前で、きょとんと見ている男の人がいる・・・
 
 
やっべ、ここ職場だったよ!!職場!!
 
 
慌てて電話を切った後
昨日くれた電話の要件は
結局のところ分からず仕舞い
  
ということに気付く。
 
 
そんなことで今週が始まった。
 
 
先週末は、金・土・日
と、よく呑んだ週末でした。
 
もう呑めなーいって
お昼頃まで思っていたけれど、
おかしいね、
この時間になると喉が鳴るう♪
  
 
金曜日は、ねんごろ相手とまったり
夜中の3時過ぎまで呑み。
  
 
土曜日は、いきつけのお店の
三周年記念パーティーということで
飲み放題!食い放題!という
  
LARK子の大好きな「放題」が
ダブルでついて3000円ポッキリという
幸せな時間を過ごす。
  
どんだけ飲んだのか憶えていないけれど
次の日のことも考えて
ジャパン(要は日本酒)だけは避ける。
 
でも、かなり酔いました。
 
 
 
日曜日は、
マイミクのボーカルさんとギターさんの
結婚披露パーティーに参加し
幸せな時間を過ごしました。
   
とても心温まる素敵なパーティでした。
 
おめでとう!!
本当におめでとう!!
 
  
参加者の中に
久し振りにお会いできた方々も居て
元気な様子が分かり
 
そんなことも
とても嬉しく思ったひと時でした。
 
  
二次会まで参加して
帰る道々に、つくづく思ったことは
 
 
みんな
あたしをおいて
結婚していくよ。。。
 
  
 
2009年、LARK子の夏!
出会いを求めてどこかに行くかー。
  
  
 
「金と 結婚と それから痩身
 
 みんな遠くて みんな欲しい」

 
 
  
いいたいことは
楽しい週末だったということです。
 
 

| | コメント (7)

2009年6月16日 (火)

ふりむけばヨコハマ

 

きゃー!!
  
 Rimg0168_
  
   
   
    


こわいー!!
 
        Rimg0191_   

   












 でかいー!!  
   
   
 Rimg0200_
 
 

















横浜開港150周記念。
http://event.yokohama150.org/
 
このイベントの目玉である 
巨大スペクタルアート劇団
「ENEOS ラ・マシン」
 
で、ある。
 
 
夏休みに、またもや姪っ子甥っ子を
連れて行こうと思っているので
その下見を兼ねて行きました。 
 
 
結構でかかったです。
口から、
ブシュー!!と水を噴いたりします。

(俺は、軽くびしょ濡れよ)
   
 
でも狭いエリア内でちょっと
練り歩くって感じで
テレビで見たときの期待度よりは
感激しなかったけれど
 
 
小さなお子様なぞは
びっくりくりくり、くりっくりっ!
になることでしょう。 
 
 
 
私とねんごろ相手は
日のあるうちからデート
と、いうものをもう何年もしていない。 
 
 
日中は二日酔いに苦しみ 
夕闇近くなると
再びアルコールを求め
喉がうずうずしてきて
 
シャワーでも浴びて
 
「じゃ、どこかで一杯・・・」
 
と、のそのそ出掛けるのが
週末の俺達。 
  
 

だから、友人と
「午後一時に待ち合わせね!!」
となると
朝一待ち合わせぐらいの
緊張感があるのさー。 
 
 
それが、久方ぶりに
 
午前の11時には横浜は関内に居る
 
というビックリなことをしました。
 
 
ピアニストの友人が
「落語とJAZZ」
という企画を横浜のある寿司屋さんで
開催されたのを観に聴きにいったのである。
 
で、13時半で終わるから
その後は赤レンガあたりをぷらぷらしようか・・・
 
 
と、思って
「久し振りにデート気分だねー」
なんつっていたが、イベント終了後と共に腹も空き
  
せっかくだから、
ちょっとだけお寿司でも・・・
とカウンターに座ったのが
いけない。
 
ちょっとで済むハズがない。
 
気がつけば
 
ゆる燗二合徳利を6本と
一合徳利を呑む。
 
なんだよ、なんだよ、
やっていることは
地元と同じじゃーん!! 
 
 
でもお寿司も超おいしかったです。
   
 
昼間のお酒は特に効くから 
あって間にベロンベロン。 
 
   
「い~せざき~、あた~りに~
 あっかり~が、と~も~る~
 
 こ~いと なさ~けのォ~ 
 
 ドゥ ドゥビ~ 
 ドゥビドゥビドゥビドゥバ!あ~ん」
 
 
と、伊勢佐木モール(商店街)の真ん中で
伊勢佐木町ブルースを絶唱する始末。
   
  
いろんな人がLARK子を見たよー。
 
 
その後、赤レンガまで歩いて
例のクモロボット見たんだけれど
 
そのときには、酔っ払い通り越して
軽く、気分が、ちょいワル・・・
な、状態となったので
仕方なく、帰ることとなりました。
 
 
本当は、山下公園のほうや
大桟橋のほうへ行って
もう少し色々なイベントを
楽しみたかったのですけれどね。
 
  
昼のお酒にはご用心。
 
 
という話でした。 
  
 
 
 

| | コメント (4)

より以前の記事一覧